銃審の育成終了とスキル振り

ラテールジャッジメント, スキル振り, フライシュッツ

スキル振りの記事を新しく書きました(2016/12/30)

表題の通り、先日審が220レベルに到達しました。
6月下旬に銃が220になっているので、これでメインサブともに220達成ということになります。
2015年の9月に本格的に復帰して以来、ようやく一区切りがついた心地です。
今後はまったり勢にシフトしようと思います。


さて、折角両方カンストしたので現状のスキル振りを簡単に晒そうと思います。
それぞれの詳細はまたそのうち書きたいなと思いつつ。
とはいえレジェンド後は銃も審もそこまでスキル振りに悩む余地はないのかな。

フライシュッツ Lv220スキル振り
超感覚12+特性CT減少+プチデゴス+黎明で前撃ちor座り撃ちの一方だけで問題なく回せます。
前撃ちと座り撃ちのどちらを取るかは好みですが
わたしの場合は前撃ちにして余ったSPをデストラクション強化に回しました。
(そもそもレジェンド後は各スキルのCTが大幅に短縮されているので前座りの出番が少ないです)

ジャッジメント Lv220スキル振り
いわゆるSPA型。レジェンド後はSPAがかなり強くなりました。
ポスとクルエルを切ることで固有にSPを割けるのが強いですが
単体相手だとBPが枯渇しやすいのが難点。
アサルトは攻撃スキルではなく回避スキルとして使っています。

Posted by Jutur